アラサー会社員の子育て、日常、あと妄想(仮)

このブログはアラサーで二児の父である普通の会社員が、日常や偶に妄想を徒然なるままに綴るブログです

ラグビーワールドカップ前に学ぶラグビーの超基本ルール【アンパンマンボールに学ぶ】

【スポンサーリンク】

皆さんこんにちは。アラサー会社員のたけっちゅんです

 

さて、今年は2019年ですが2019年と言えばスポーツの一大イベントがあります。それは

 

ラグビーワールドカップ

 

です。ラグビーワールドカップとは4年に一度行われる世界大会であり、夏季オリンピック、FIFAワールドカップと並び、世界三大スポーツイベントとも言われています

 

そしてこのラグビーワールドカップが、今年は日本で開催されるのです!4年ほど前、ラグビー史上最大の番狂わせとも言われた日本代表の躍進。その戦う姿が今年は日本で見られるのです!!

 

わーわー!!(*´ω`*)

 

さて・・・、ここまで綴ってまいりましたが、ラグビーワールドカップは見てみたいものの、ラグビーのルールが全く分からない・・・

 

そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?という事で、本日は特別講師を及びいたしまして、ラグビーの本当に基本的なルールについて講義していただきたいと思います

 

ルールが少しでも分かれば、見るときの楽しさは一層増すはず!少しでもお役に立ちましたら幸いです。本日もどうぞよろしくお願いいたします

 

★ラグビーワールドカップ前に学ぶラグビーの超基本ルール【アンパンマンボールに学ぶ】★

 

 

まずは本日の講師をご紹介

 

という事で、まずは本日の講師をご紹介いたします

 

本日の講師はこの方

 

アンパンマンボールさんです

 

f:id:takettyun:20190907233543p:plain



 

こちら、アンパンマンボールさんと言えば、世界が熱狂するワールドカップに出場

www.takettyun.com

 

更には日本中を熱狂の渦に巻く甲子園に出場しています

www.takettyun.com

 

まさに球技を知り尽くした超一流の「球」と言えるでしょう。本日はどうぞよろしくお願いいたします

 

よろしくお願いいたします

 

 

 

本当に基本的なルール

まずは本当に基本的なルールを教えていきたいと思います

 

ラグビーは1チーム15人(控え選手を除く)で戦うスポーツです

f:id:takettyun:20190907222708p:plain




このような形のフィールドで15人×2チームの計30人がボールを追いかけて縦横無尽に走り回ります

f:id:takettyun:20190907010425p:plain

f:id:takettyun:20190907010843p:plain



 

では、何を競うのか?それは単純に点数を多くとったチームが勝ちとなります。どうすれば点数を取ることが出来るのかは後程説明していきたいと思います

 

ちなみに試合時間は決まっていて、前半40分後半40分の計80分でより多くの点数を取ったチームが勝ちとなるのです

 

 

 

 

どうすれば点が入るのか

それではどうすれば点が入るのでしょうか?一つずつ解説していきましょう

  

トライ

相手陣地のインゴールにボールを持ち込んで、ボールを地面に付ければトライとなります! 

f:id:takettyun:20190907011653p:plain



トライによる点数は5点となります

 

 

 

コンバージョンゴール

横文字で難しいですが・・・。トライを行った後のおまけとして、トライをした地点の延長線上からボールをキックする権利を得る事が出来ます

 

f:id:takettyun:20190907224103p:plain


 

このキックによりゴールポストのバーの上をボールが通過すると2点が追加で入ります


 

 

 

 

 

 

ペナルティゴール

 

重い反則を行った場合、相手にペナルティーキックのチャンスが与えられます

 

f:id:takettyun:20190907013458p:plain

 

このペナルティーキックによりゴールポストのバーの上をボールが通過すると3点が入ります

f:id:takettyun:20190907223511p:plain




 

 

ドロップゴール

 

持っているボールを地面にワンバウンドさせてボールをキックします。これによりゴールポストのバーの上をボールが通過すると3点が入ります

f:id:takettyun:20190907224837p:plain

 

 

 

ペナルティトライ

守備側の反則が無ければトライが行われていたと審判が認めた場合はペナルティートライとして7点が入ります

 

トライの分の5点とコンバージョンゴールの分の2点で計7点が入るという事になります

 

 

 

 

ボールの運び方

ここまで本当に基本的な事と点数の入り方について綴ってきました。ではボールをどのように運べばいいのでしょうか?

 

サッカーは手以外を使ってボールを運び、バスケットはドリブルをしたり投げてパスをしてボールを運ぶと言ったように、ラグビーにもボールの運び方があります

 

ボールを持って走ります

f:id:takettyun:20190907225904p:plain


またはボールを味方にパスします

f:id:takettyun:20190907230248p:plain


 

ただし、ボールを運ぶにあたっては基本的には以下のルールを守るようにしましょう

 

 

前にボールを落としてはだめ

ボールを前に落としてしまうとだめです。ノックオンという軽反則になります

 

 

前にボールを投げてはだめ

バスケットボールなどとは違い、前にボールを投げてパスを出すことはできません

f:id:takettyun:20190907230720p:plain


 

必ず後ろの人にパスを投げましょう

 

 

ボールを持っている人を止める方法 

また、ボールを持っている人を止めるためにはタックルをして捕まえて、前進を阻む必要があります

f:id:takettyun:20190907234813p:plain




このタックルはラグビーの醍醐味ですが、危険なタックル(首より上へのタックル)は重い反則となりますので注意が必要です

 

 

まとめ

以上、ラグビーに関する基本的な部分について講師をお呼びしお伝えいたしましたがいかがでしたか?

 

しかしながらこのルールはまだまだ初歩的であり基本の「き」です

 

ラグビーはまだまだ奥が深いのです

 

今回は超初級編という事ですが、その内中級編なども開講させてもらえれば幸いです

 

ちなみに中級編はいつ頃の予定でしょうか?

 

f:id:takettyun:20190907233823p:plain



ワールドカップ終わってますよ・・・(´;ω;`)

 

終わり

 

f:id:takettyun:20190907231637p:plain

★試合が終わればノーサイド★