アラサー会社員の子育て、日常、あと妄想(仮)

このブログはアラサーで二児の父である普通の会社員が、日常や偶に妄想を徒然なるままに綴るブログです

娘の「むにちゅー」問題が深刻すぎる件について

【スポンサーリンク】

私には双子の娘がいます

 

www.takettyun.com

 

特に長女に対し、私が最近悩んでいることがあります

 

それは長女が

 

「むにちゅー」

 

しかしゃべらなくなったことです

f:id:takettyun:20181202223119p:plain

 

 

 

私「ご飯を食べようかー」

 

長女「むにちゅー」

f:id:takettyun:20181202223522p:plain

 

私「席に座って~」

 

長女「むにちゅー」

f:id:takettyun:20181202223800p:plain

 

 

 

 

私「」

f:id:takettyun:20181202223939p:plain

 

 

返事として使っているものだと思っていましたが、最近は会話の中で「むにちゅー」が占める割合が多くなり、感情までも「むにちゅー」で表現するようになってきました

 

怒り「むにっちゅー!!」

 

甘え「むにちゅ~う」

 

泣き「むにむにっちゅー」

 

嬉し「むにっちゅむにっちゅ」

f:id:takettyun:20181202225118p:plain

 

この「むにちゅー」が意外に曲者で、仕事中でもふと頭を横切ったりします

 

以下会社で打ってしまったメール本文のイメージ

 

無二忠株式会社

営業部 田中課長

 

いつもお世話になってむにちゅ

 

以上会社で打ってしまったメール本文のイメージ

 

f:id:takettyun:20181202223939p:plain

 

 

 

 

 

まあ、そんなのは大げさで本当はそこまでは無いのですが、この「むにちゅー」が頭から離れないのは事実

 

こうやって頭に残るフレーズを発するのは、まさに幼児界の米津玄師といったところか?

 

まだかろうじて人間語(そう呼ぶのが正しいのか分かりませんが)を喋っていますが、会話のすべてが「むにちゅう」にならないか親としては非常に心配です

 

どこかのむにちゅー星からむにちゅー星人がむにちゅー電波を私の娘に飛ばして、乗っ取ろうとしているのであれば、私はそのふざけたむにちゅー星人と闘う所存でございます

f:id:takettyun:20181202230041p:plain

 

はたまた、どこか異世界の勇者が私の娘にテレパシーで呼びかけて、私の娘を通じて「むにちゅー語」で何かこの世界に関する大切な事を呼び掛けているのであれば、私は全英知を結集しその言葉を解読するつもりです

f:id:takettyun:20181202230556p:plain

 

 

・・・

 

 

f:id:takettyun:20181202223939p:plain

 

 

 

 

 

 

・・・とまあ、何となく色々妄想してみたけど、結局はそんなむにちゅー星人や異世界の勇者と言った大層なものは私の目の前に現れず、今日も地球はいつも通り回り、平穏でいつも通りの一日が訪れるのでしょう

 

それもまた一つの幸せなのでしょう

 

そう気づかせてくれたむにちゅーに今日も感謝

 

ありがとうむにちゅー

 

でもそろそろ「むにちゅー」からは卒業してほしいむにちゅ~

 

父親からのお願いでした

 

むっにちゅー!