アラサー会社員の子育て、日常、あと妄想(仮)

このブログはアラサーで二児の父である普通の会社員が、日常や偶に妄想を徒然なるままに綴るブログです

私の娘が通う保育園が「愛の巣」過ぎた件について

スポンサーリンク

うちの家では、晩御飯の時に保育園での出来事を話すのが日課です

特に最近話題に上がるのが「保育園での好きな人」についてです

 

三歳児のくせに恋ばなです

女の子ってやっぱりませてるもんなのでしょうか

 

【私の娘について】

私が三歳の頃は、鼻水たらしながら無我夢中で野山を駆け回っていた気がします

 

まあ、今は駆け回るような野山もあまり無くなったし

時代は変わったということでしょうか

 

今日はそんな恋ばなの一部始終をお伝えします

ちなみにここに出てくる名前は、プライバシーも考慮し

娘を含め全て仮名なのでご留意願いたい

 

 

 

以下食卓でのやり取り

 

親「保育園で誰か好きな人はいるのー?」

 

まあ、何だかんだでこの話題については親からいつも振っています

 

みずき(仮名)「じゅんいちくんが好きなのー」

 

ほー、いっちょまえに好きな人がいるのか

 

親「どんなとこが好きなのー?」

 

みずき「髪の毛が茶色いとこー

 

そうか、チャラいとこに惚れたか

まあ、よい

 

みずき「あとねー、じゅんいちくんはねー強いのー」

 

なんと、ただチャラいのではなく、頼りになるってことか

それならよいのである

 

みずき「強くてねー、いっぱい叩いてくるのー

 

 

 

 

 

 

・・・みずき、それは「強い」とちがう

 

それはDVだ

 

とりあえずこういった図式ができあがる

f:id:takettyun:20180221215917p:plain

 

 

次はもう一人の娘、ゆうり(仮名)の番である

 

親「ゆうりは誰か好きな人いるのー?」

 

ゆうり「あのねー、さとしくんと、じゅんいちくんとー、こゆきちゃん!

 

やばい、まじか

ややこしい

図式としてはこんな感じだ

f:id:takettyun:20180221220743p:plain

じゅんいちくんに関しては三角関係

そしてゆうりちゃん一人で三股

そして食い込むこゆきちゃん

 

 

ゆうり「あのねー、みずきとみんなと一緒に住むのー

 

さらにややこしくなる図式

 

 

 

 

 

負けずにみずきが謎の方向に張り合う!

 

みずき「あのねー、みずきはゆうりと結婚するの!

 

まじか・・・

図式としてはこんな感じである

 

f:id:takettyun:20180221221054p:plain

 

シェアハウスでもこんなややこしい図式はそうそう見られない

混沌をきわめるヤラセ無しのみずき劇場!

申し訳ないが、こんな家庭と二世帯住宅では住みたくない

 

 

さらにみずきは続ける

 

みずき「あのねー、こんどねー、さとし君とでえとするのー

 

あのDV男のじゅんいちを、この一瞬で切り捨てたのは評価する

 

わずか10秒での切り捨て

女の心と秋の空

 

・・・そんなことはどうでも良い

もっとややこしい図式を呈してきた

f:id:takettyun:20180221221554p:plain

↑我が家版の「あいのり」

 

もはや図を作っている私でさえも混乱してきた

ヤラセ一切なし!!100%みずき劇場!!

 

さらにみずきは続ける

 

みずき「あのねー、そのでえとにはねえ、ゆうりも一緒に行くの」

 

ゆうり「そうなのー」

 

 

 

混沌を極める双子でえと

こいつら、「でえと」というものを何か知っているのだろうか?

そんな生易しいものと違う!!

とりあえず試しに聞いてみる

 

親「でえとって何をすることか知ってる?」

 

みずき「家で一緒に遊ぶのー」

 

 

 

やばい、初でえとがいきなり家である

しかも自分に思いを寄せている二人とのお家でえと

ややこしいがある意味さとし君がうらやましい

 

 

ゆうり「あのねえ、そのでえとにはねえ、お父さんお母さんも来てね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takettyun:20180221222234p:plain

↑図式

 

 

一気にさとし君がうらやましく無くなる

ある意味、変な宗教に入れられそうな・・・

そんな圧力さえ感じさせる図式である 

 

可愛いおなご(親ばか)二人とお家でえとできると思い

ほいほいついって行ったが最後

さとし君、四面楚歌

 

どうでもいいが、私たちもそのような場は気まずい

今すぐに、さとし君をめぐっての争いが起きかねない場

そんなのは、テレビの中でのヤラセ100%の劇場だけで充分である

 

いずれにせよ、恋多き乙女の私の娘二人は、明日もまた保育園で

楽しく1日を過ごし、コイバナを私たちにしてくれる事でしょう

 

命短し 恋せよ 乙女

 

おわり!!

 

 

続編